幹細胞

幹細胞とは
幹細胞は自己複製能力と、様々な細胞に分化する能力を持つ特殊な細胞です。
この2つの能力により、組織の再生を担う細胞であることが分かっています。
幹細胞にはES細胞(胚性幹細胞)、成体幹細胞、iPS細胞(人工多能性幹細胞)などが挙げられます。
近年、再生医療や美容への応用など多くの分野で注目を浴びています。

再生医療の将来
経済産業省は、再生医療産業の世界市場規模は2012年時点の1000億円程度に対し、2020年に1兆円、2030年には約12兆円に達するという試算を発表しています。国内市場規模では、2020年には950億円、2030年に約1兆円に達すると見込まれ、細胞の培地や、低温輸送、分析機器など再生医療周辺産業においては、世界市場規模で2030年に5.2兆円、国内市場規模で5500億円に拡大する見通しとなっています。

 

1.INANNA

2.幹細胞とは

3.幹細胞培養液とは

4.ヒト脂肪幹細胞培養液とは

5.徹底した安全性

 

商品購入ページ