ヒト脂肪幹細胞培養液

ヒト脂肪幹細胞培養液とは
ヒト脂肪幹細胞培養液とは脂肪幹細胞は成体幹細胞の一種で、骨髄幹細胞や臍帯血幹細胞などよりも容易に採取でき、しかも幹細胞の含有量が多いため、近年、医療や化粧品の原料として多く活用が進んでいます。
ヒト由来脂肪幹細胞培養液は幹細胞が作る500種類以上のタンパク質成分を含有します。
そこには、200種類以上の成長因子(グロースファクター)を含有することが報告されています。

 

ヒト脂肪幹細胞培養液に含まれる代表的な成長因子

 

EGF 表皮細胞成長因子
表皮幹細胞に表皮細胞増産のシグナルを出し、ターンオーバーを促進、シミ、くすみを改善します。

HGF 肝細胞増殖因子
肌組織においては細胞増殖促進、細胞運動促進、抗アポトーシス、 形態形成誘導、血管新生など 組織再生に関わります。

aFGF 維芽細胞成長因子
真皮幹細胞に肌細胞の増殖を促し ます。
線維芽細胞に、コラーゲン、 エラスチン、ヒアルロン酸、SOD等の増産シグナルを出し、創傷治癒、シワ改善、美白効果をもたら します。

PDGF 血小板由来成長因子
細胞線維芽細胞の増殖を促進します。

bFGF 塩基性線維芽細胞成長因子
血管、皮膚、筋肉などの細胞に作用 し、細胞の分化、増殖を制御します。

IGF-I インスリン様成長因子
破損している細胞の再生をサポートします。
新しい皮膚を再生し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を促進します。
それによって シワの解消や予防しハリや弾力を再生します。

KGF/FGF-7 毛母細胞成長因子
毛母幹細胞に働きかけ、発毛、増毛効果があります。

TGF-B トランスフォームング成長因子
抗炎症効果等があり、敏感肌の改善効果があります。

VEGF 血管内皮細胞成長因子
新生血管を形成するための大きな役割を果します。

   

皮膚老化と損傷を防止し、皮膚組織の主要構成成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンの再生を促進し、加齢などにより長期化した肌のターンオーバーを正常化する高機能素材です。
幹細胞培養液成分の生理的活性は、抗老化効果、組織再生効果など、様々な効果が確認されています。
近年の再生医療、そしてヒト幹細胞培養液の登場は、美容においても大きな転換期となりました。

1.INANNA

2.幹細胞とは

3.幹細胞培養液とは

4.ヒト脂肪幹細胞培養液とは

5.徹底した安全性

 

商品購入ページ